理不尽な力で「しなない」ために

 生き物が必ず死ぬという事実を理解できたのは何歳のことだっただろう。幼稚園のころには、人は必ず死ぬのだということは、ばくぜんと分かっていた気がする。そしてそれは、ばくぜんとした恐怖感に結びついていた。

 作家で漫画家の小林エリカさんが絵本として発表した『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)は...

残り 541文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR