新芽の香りを一年中 福岡・東峰村のよもぎ茶

 摘み取られた形そのままの乾燥ヨモギを、ひとつまみ急須に入れる。熱湯を注いで蒸らすこと数分。澄んだ若緑色のお茶が、生葉を直接ゆでたときのような新鮮な香りを漂わせ、飲むたびに春の息吹を感じさせてくれる。

 「ヨモギは春の新芽の時が一番香り高いから、4月の新芽だけで作っています」。そう話すのは、福岡県東...

残り 543文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR