道下選手の功績たたえてゴールドポスト

 東京パラリンピックのマラソン(視覚障害T12)女子で金メダルに輝いた山口県下関市出身の道下美里選手(44)=三井住友海上、太宰府市在住=の功績をたたえ、下関市中之町の下関中之町郵便局前に金色の「ゴールドポスト」が設置された。ゴールドポストは、内閣官房と日本郵便が協力して、東京オリンピック・パラリンピックで金メダルを獲得した選手ゆかりの地に設置を進めており、パラリンピックでは初の設置。

 ゴールドポストには、道下選手の名前や出身地、競技名などが記されている。同郵便局がある唐戸商店街には、道下選手の家族が経営していた書店もあったことから、幼い頃からのなじみの場所として選んだ。

 6日の除幕式では、前田晋太郎市長が「道下選手の活躍は多くの市民に勇気と感動を与え、地元が元気になる」とたたえた。金メダルを掲げた道下選手は「このポストが唐戸のシンボルとなり、人通りが増えることを期待します」とあいさつした。 (白銀秀親)

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR