「道の駅マリオット」狙いは 滞在楽しむ新たな旅を提案 積水ハウスの担当室長に聞く

 積水ハウスは2023年、米ホテル大手マリオット・インターナショナルのホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」を福岡、佐賀、熊本、鹿児島の4県で開業する。同社が展開する「Trip Base(トリップベース) 道の駅プロジェクト」の一環で、地方に点在する道の駅を拠点に地域での滞在を楽しむ新...

残り 1063文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR