地区ごとの「危険な雨量」予測できるか 7指標で人的被害を分析

 近年、全国各地で頻発している豪雨災害。万が一の事態に備えるには雨量の予測情報が大切だが、幅広い地域単位の総雨量だけでは危機感は伝わりにくい。住民の適切な避難行動に生かせるように、「自分の地区で危険な雨量」を客観的に捉えることができる専門家の研究が進んでいる。

 各地の気...

残り 1712文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR