【速報】久留米市長選、原口新五市議が出馬表明

 福岡県久留米市議の原口新五氏(61)は10日、市内で記者会見し、任期満了に伴う市長選に無所属で立候補する意向を表明した。「保健所機能強化を急ぐ。人的配置を見直し、防災機能も高める」と述べた。

 原口氏は同市出身。福岡大中退後、県議秘書を経て1989年、市議に初当選し現在8期目。2011~15年に議長を務めた。最大会派で保守系の「明政会」に所属する。自民県連会長の原口剣生県議は兄。

 原口氏は今月5日に後援会や支持団体から出馬要請を受けたと説明。「30年間市議会に在籍し各地区、業種の要望は理解している」とし、対話重視の市政運営や、地元企業も進出できる産業団地整備に取り組むと語った。(木村知寛)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR