【独自】久留米市長選、福岡県議会の十中大雅副議長が立候補の意向

 福岡県議会副議長の十中大雅氏(68)=久留米市区=が10日、任期満了に伴う久留米市長選(来年1月16日告示、23日投開票)に立候補する意向を明らかにした。市内で取材に応じ「久留米のリーダーの役割を担いたい。副議長や県議の辞職について各方面の理解を求めたい」と述べた。

 十中氏は同市出身。福岡大卒業後、参院議員秘書や同市議を務めた。2007年の県議選で初当選し現在4期目。最大会派の自民党県議団所属で、今年6月、副議長に就いた。

 十中氏は9日に地元の経済団体から出馬要請を受けていた。「近く記者会見を開きたい」と話した。

 1期目の大久保勉市長(60)は10月、不出馬を表明した。(木村知寛)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR