涙こぼしウサギ食う 「振り返れば未来」(8)

【聞き書き】農民作家 山下惣一さん

 戦争が終わって2年目の小5の冬。学校から帰ってくると、生まれてすぐもらい受け、大切に育ててきたペットのウサギが小屋にいません。これまで逃げ出したことなんてないのに…。

 「やられた、じいちゃんだ」。というのも、これまで祖父が何回もわなで野ウサギを捕まえては食べていたから。...

残り 883文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR