性的少数者の権利獲得に文学が影響 台湾での運動など紹介

 「『台湾』を読む-台湾新文学からLGBTQ文学まで」と題した講演会が北九州市立文学館(小倉北区)であった。台湾文学者の垂水千恵氏=横浜国立大教授=が登壇し、台湾で性的少数者が権利を獲得していく過程について、文学が大きな影響を与えたことを紹介した。

 台湾では2019年、アジアで初めて...

残り 386文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR