ジビエにカキ…諫早の味ふんだんに 市役所食堂が「おせち」開発

 諫早市役所食堂は地元産の食材を生かした「諫早おせち」を開発し、一般からの予約受け付けを始めた。地元ブランドの豚肉やジビエのイノシシ肉、諫早湾産のカキなどの食材で作り、3段の重箱入りで販売する。シェフの永江信敏店長(30)は「諫早の食材をふんだんに盛り込み、お子さんが好む料理も入れた初めてのおせち。ぜひ味わってほしい」とアピールする。...

残り 510文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR