長崎市立山里小で72回目の祈念式 「平和守り続ける」 

 原爆によって約1300人の児童、教職員らが犠牲となった長崎市立山里小で2日、72回目となる平和祈念式が開かれた。被爆者による講話もあり、出席した児童は「この手で平和を守り続ける」とする誓いの言葉を述べた。

 爆心地から約600メートルの同小には、自ら被爆しながらも被爆者の救護に当たった故永井隆博士...

残り 266文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR