東京五輪警備の派遣中にパワハラ 福岡県警警視

 東京五輪の警備に派遣中、部下にパワーハラスメント行為をしたとして、福岡県警が、警備部の男性警視を所属長注意としていたことが県警関係者への取材で分かった。9月2日付。

 県警関係者によると、警視は五輪警備に派遣されていた7月、部下に対して能力を否定するような暴言を吐いたり、移動中の車内で、後部座席か...

残り 233文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR