水平の旅【クリアキ・カリブー 栗秋正寿40】

 「せっかく冬のデナリ単独登頂に成功したのに、どうしてすぐに帰国して記者会見を開こうとは思わなかったのですか?」

 1998年秋に熊本市内で講演した際の質問である。ぼくは最初、質問者の意図がわからなかったが、知名度を上げる機会をみすみす逃しているようにも映ったのだろうか。冬のデナリという自殺的行為を...

残り 730文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR