政府のデジタル臨調構成員に高島市長 「国と地方、民間の力を結集」

 福岡市の高島宗一郎市長は10日、政府の「デジタル臨時行政調査会」(デジタル臨調)の有識者構成員に起用されたことについて「コロナ禍でデジタル化の遅れや制度改革の必要性が明らかになった今こそ、国と地方、民間の力を結集して変革を進めなければならない」とのコメントを出した。

 地方自治体の首長が臨調の構成員に起用されるのは珍しい。...

残り 188文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR