飯塚市内のバス路線、官民ですみ分け 22年度再編案を市委員会に報告

 福岡県飯塚市は11日、来年度の再編を検討している市のコミュニティバス5路線について、2路線を廃止し、2路線を統合する計画案を市議会協働環境委員会で明らかにした。廃止路線は西鉄バス筑豊(同市)路線との重複が目立っており、民業圧迫の状態を解消する。一方で、市内を9地区に分け、その中を走る交通手段を新設。官民のすみ分けを図りつつ、利便性の向上を目指す。...

残り 887文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR