第一交通、タクシーにEV115台導入へ 23年3月までに 9月中間は2年連続赤字

 第一交通産業(北九州市)は11日、世界的な脱炭素の流れを受け、2023年3月までに全国で新たにタクシー車両約115台を電気自動車(EV)に入れ替えると明らかにした。

 同社は車両を5~7年で更新している。現在保有する8千台超の大半は燃料に液化石油ガス(LPG)を使用する車両。EVやハイブリッド車(...

残り 311文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR