美しき言葉の容れ物 岩田直仁

 街路樹が色づくこの季節、福岡市で「本の祭り」が開かれる。地元の出版社員や書店員などの実行委員会による「ブックオカ」。約1カ月間、読書会や作家の対談など多彩なイベントが続く。文化の日には、市民が自宅で眠る本を並べる恒例の青空古本市が福岡城址で開かれた。

 他社の新聞はスマートフォンで読むようになった...

残り 889文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR