九国大付、1年生4番佐倉が満塁弾 2戦連続アーチ

 九州国際大付の1年生4番の佐倉が豪快な一発を放った。七回2死満塁。「フルスイングしようと思って、しっかり振れた」。打球はライナー性の当たりとなって右翼スタンドへ。2試合連続の本塁打となる満塁本塁打で試合を決めた。

 身長182センチ、体重104キロの恵まれた体格を生かしたパワーが持ち味。楠城徹監督が「勝負強い。ここ(高校)で終わる打者じゃない。もっと上を目指していくから厳しいことも言っている」と将来を楽しみにする16歳だ。

 決勝では3試合連続の本塁打も期待されるが、佐倉は「状況に応じた打撃をしたい」と冷静に話した。春の九州大会の決勝は具志川商(沖縄)に敗れて準優勝。悔しさも糧に秋の九州大会初制覇、そして神宮切符をつかむ。 (前田泰子)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR