中国6中総会、40年ぶり「歴史決議」採択し閉幕 習氏3期目ほぼ確実

 【北京・坂本信博】北京で開かれていた中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)は11日、創建100年を迎えた党の歩みを総括する「歴史決議」を採択して閉幕した。歴史決議は建国の父、毛沢東氏が1945年、改革・開放政策を進めた〓小平氏が81年にそれぞれ主導してまとめて以来40年ぶり3回目。習近平総書記(国家主席)(68)は、毛氏や〓氏と並ぶ権威と指導的地位を確立し、来秋開く党大会での異例の3期目入りはほぼ確実な情勢だ。

...

残り 815文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR