ドローンで草刈り実証実験 開発会社や九電連携、林業の人手不足対策

 林業で人手のいる下草刈りを担うドローン(小型無人機)の実証実験が12日、大分県由布市のくじゅう九電の森で行われた。熊本市のドローン製造開発会社「BlueBee(ブルービー)」と九州電力、千葉大が連携。林野庁の補助事業で、2年後の実用化を目指す。九電によると、ドローンは除草剤散布などで...

残り 438文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR