「野党議員ゼロ」の必然

 10月末の衆院選で、熊本県では野党の国会議員が戦後初めてゼロになった。2016年の参院選以降、国政選挙の選挙区ごとに候補者を一本化し、他県に比べて「野党共闘の先駆け」と言われてきたが、今回の退潮は当然だと思う。最大の敗因は、候補者となる...

残り 278文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR