タカのドラ1風間、背番号「1」検討 球団の投手では62年ぶり

 ソフトバンクがドラフト1位指名した秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手(18)の背番号を「1」で検討していることが13日、分かった。主将を務めた秋山幸二や内川聖一(現ヤクルト)ら球団では伝統的に主力野手が付けることが多く、投手では62年ぶりとなる。

 球団で「1」を付けたのは南海時代から計18人。初代は日本プロ野球で初めて「トリプルスリー」を達成した岩本義行。2代目は山本一人(当時鶴岡から改姓)。監督として歴代最多の1773勝を挙げることになる名将も「1」を背負った。

 一方、投手は1956年から60年まで付けた金彦任重(永徳から改名)が最後で半世紀以上もいなかった。

 自らも現役時代に「1」を背負い、巨人の永久欠番となっている王球団会長兼特別チームアドバイザーが「必ずうちの戦力となり、将来的にはエースになってくれると思う」と口にするなど、球団の大きな期待の表れといえる。

関連記事

PR

PR