鳥栖市議選告示 31人立候補、経済活性化など論戦

 佐賀県鳥栖市議選(定数22)は14日告示され、現職20人、新人11人の計31人が立候補を届け出た。投開票は21日。

 党派別内訳は自民3人、立憲民主4人、公明2人、共産2人、無所属20人。性別は男性24人、女性7人。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ経済の活性化、子育て支援や高齢者対策などを巡る論戦が...

残り 141文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR