11月に揺れる2色のリボン

11月は2色のリボンが揺れる。米国発祥のパープルリボンは女性に対する暴力をなくす運動のシンボル。25日まで各地でキャンペーンが展開され、北九州市の小倉駅周辺などが紫色に彩られる▼もう一つは児童虐待防止の象徴、オレンジリボン。2004年、栃木県小山市で幼い兄弟が同居していた男から虐待を受けた末、川に投げ込まれて命を落とした。事件を機に地元市民グループが取り組み、全国に浸透。推進月間の今月は多様な行事がある▼新型コロナ禍で在宅時間が増えた影響か、ともに増加傾向だ。昨年度の児童虐待件数は初めて20万を超え、...

残り 326文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR