土に還る 死の先にある生を思う

たゆたうノート あめつちのことづて 秋(4)豊田有希さん寄稿

 日本もかつては土葬の歴史があった。今もごくわずかの地域、そして黒岩集落(熊本県芦北町)も20年ほど前までは土葬だった。

 集落を登っていくと、公民館の手前に墓地がある。比較的新しい墓石が並ぶその奥に、手のひらからはみ出るほどの石が積み上げられた場所がある。石積みだけのもの、一回り大きな石で碑を建て...

残り 721文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR