【★どうが★やさしい日本語】夜(よる)に  ごみを  集(あつ)める  仕事(しごと)は  大変(たいへん)

福岡ふくおかでは、いえから  る  ごみを  よるから  つぎの  の  あさまでの  あいだに  あつめます。

おおきな  で、よるに  ごみを  あつめるのは  めずらしいです。

60ねん以上いじょうまえに  はじまりました。

あさくるまで  道路どうろが  む  まえの  ほうが、あつめやすかったからだそうです。

ごみを  あつめる  くるまは、いちばん  おおい  ときで  192だいが  うごきます。

1だいには  3にんが  っていて、ごみを  す  場所ばしょや  いえの  まえに  まわりながら  ごみを  あつめます。

1いちにちに、10kmから  15kmも  うごきます。

よるの  0ぐらいから  あさの  7ぐらいまで  かかるそうです。

ごみは、が  めた  ふくろに  れて  します。

新型  しんがたコロナウイルスで、大変たいへんなことも  あります。

ごみの  ふくろが  やぶれて、マスクが  たくさん  らかったことがあるそうです。

福岡ふくおかの  ひとは「マスクを  てる  ときは、べつの  ふくろに  れてから、ごみの  ふくろに  れてください」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR