シノケン社用車、CO2実質ゼロに 排出権買い取り活用

 投資用不動産販売のシノケングループは、リース契約する全社用車144台が過去1年間に排出した二酸化炭素(CO2)計324トンについて、温室効果ガスの排出削減量や吸収量を取引できる国の「J-クレジット制度」を活用して実質ゼロ化したと発表した。

 海外子会社や関連会社を除く営業用など全社用車の昨年9月か...

残り 217文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR