九州の環境技術を後押し 経産局「WIPO GREEN」に参加 中小企業を海外に売り込み

 九州経済産業局は17日、国連の世界知的所有権機関(WIPO)が運営し、環境関連技術の普及・活用を促進する「WIPO GREEN(ワイポ・グリーン)」にパートナー機関として参加する意向を表明した。認定されれば、日本からのパートナーとしては36機関目で、地方にある国の出先機関では初めてとなる。...

残り 213文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR