同期21人、研究生公演の出演枠を競い合った HKT48・2期生座談会㊤

HKT48×西日本新聞me 10th記念インタビュー 2期生編(上)

 HKT48の活動10周年を記念した共同企画「HKT48×西日本新聞me 10th記念インタビュー」もいよいよ大詰め。第6回は、2012年に加入した2期生が登場し、9年の歩みを振り返ります。黎明(れいめい)期のHKT48に新たな風を吹かせた「超個性派集団」も気づけば10年目に突入。豊富な経験に裏打ちされた絶大な存在感で、時に最前線で、時に後方からグループを支える6人が語る過去と未来とは-。西日本新聞meではインタビュー全文を公開します。(聞き手は古川泰裕)※取材は11月10日

 ◆座談会の出席者(五十音順) 秋吉優花(21)福岡県出身、チームH ▽上野遥(22)福岡県出身、チームH ▽神志那結衣(23)福岡県出身、チームH ▽坂口理子(27)福岡県出身、チームH ▽田島芽瑠(21)福岡県出身、チームH ▽渕上舞(25)福岡県出身、チームKIV

 -2期生のデビューは2012年9月23日。仮合格は…。

 田島「仮合格、6月?」

 坂口「最終オーディションが6月…23? 30?」

 秋吉「夏休みはずっとレッスンをやったよね」

 田島「6月くらいだったから実質は1期生さんとも半年くらいしか違わないですね」

 渕上「6月の終わりでした」

 坂口「だから、たぶん研究生公演の初日が9月30日だった気がする」

 -お披露目は9月23日。

 田島「でも仮合格の次の日に…仮合格の次の日にさ…」

 坂口「オーディションいつだったっけ」

 上野「最終審査は...

残り 5944文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR