新産業団地、直方・鞍手に2025年度 データセンター目指し福岡県が議案

 福岡県は、デジタル社会の基盤となる次世代データセンターの集積拠点を目指し直方・鞍手地区に整備する新たな産業団地について、2025年度に完成させる方針を固めた。近く造成のための調査に入る予定で、関連費用5700万円を計上した議案を12月1日開会予定の県議会定例会に提出する。...

残り 312文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR