見上げたほぼ皆既月食 #この一枚

 月の一部が欠けたように見える「部分月食」が19日夜、九州各地で観測された。午後6時すぎに食の最大を迎えると、月は赤黒く色づいたように見え、神秘的な姿が夜空を彩った。

 月食は地球が太陽と月の間に入り、地球の影がかかって月が欠けたように見える現象。今回は全体の約98%が隠れた状態となり、ほぼ「皆既月食」のように。午後7時48分には元の満月へと戻った。

 国立天文台(東京都)によると、日本で見られる次回の月食は来年11月8日に起こる皆既月食という。

 (穴井友梨)

 西日本新聞meアプリのライブカメラ「愛宕神社から」では、 部分月食の様子を見ることができました。
 ▽アプリのダウンロードはこちら

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR