鉄道事件相次ぎ、西鉄が対応訓練 新たなマニュアル策定へ

 小田急線や京王線、九州新幹線で起きた刺傷事件や放火事件を踏まえ、西日本鉄道(福岡市)は19日、福岡県筑紫野市の車両基地で、西鉄電車を使った緊急事態訓練を実施した。社員約100人が参加した。

 西鉄は毎年、西鉄電車で爆発物や薬品散布などを想定した訓練を実施している。今回は男が車内で刃物を振り回し、放...

残り 191文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR