石木ダム完成見通せず 土地明け渡し期限から2年 県と住民なお隔たり

 川棚町の石木ダム建設を巡り、県が水没予定地に暮らす13世帯の家屋を強制収用する行政代執行が可能になって19日で2年となった。県は9月の本体工事に続き、今月から県道付け替えのための橋の建設に着手したが、反対する住民と支援者による座り込みが続き、ダムの完成は一向に見通せない。

 19日午後、建設予定地...

残り 1151文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR