川辺川のダム容認表明1年 蒲島知事一問一答 方針転換「苦しかった」

 昨年7月の球磨川氾濫を受け、蒲島郁夫知事が最大支流・川辺川への流水型ダム整備「容認」を表明して19日で1年。蒲島氏は西日本新聞のインタビューに応じ、当時の方針転換を「苦しかった」と語る一方、緊急的な治水対策の進展や、長期的な球磨川整備の国の方針がまとまったことなどを挙げ「あのとき決断して良かった」と振り返った。 (聞き手は古川努、鶴善行)...

残り 654文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR