豪雨復興、中学生がアイデア 「線路に桜」「駅舎カフェ」… 日田

 2017年の九州豪雨で被災した日田市の大鶴・夜明地区の復興やまちづくりを考える授業が、同市の大明中で行われた。全校生徒約60人が、地域に住む大人たちと被災地の現状や将来を話し合い、中学生の視点で新たな古里の姿をデザインした。 (中西是登)

 「(災害で不通となったJR日田彦山線の)線路に桜を植えよ...

残り 508文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR