東福岡22年連続、32回目のV 高校ラグビー福岡大会決勝

 第101回全国高校ラグビー選手権の福岡県大会決勝が20日、春日市の春日公園球技場であり、東福岡が80-0で修猷館を下し、22年連続32回目の優勝を決めた。東福岡は12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国選手権に出場する。

 東福岡は開始9分に初トライを奪うと試合の主導権を掌握。スクラムの力強さに加えスペースを突く攻撃も繰り返し、前後半を通じて猛攻を仕掛けた。修猷館は密集でのボール奪取から展開力で守備陣をこじ開けようとしたが、一矢報いることはできなかった。...

残り 610文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR