諫干問題の溝埋まらず 改めて「非開門を前提」 金子農相が佐賀訪問

 就任後初めて佐賀県内を訪れた金子原二郎農相は20日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門問題について、開門請求訴訟の原告や弁護団と意見交換した。原告側が開門と非開門のいずれも前提としない話し合いを求めたのに対し、金子氏は非開門を前提とする姿勢を崩さず、双方の溝は埋まらなかった。

 金子...

残り 483文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR