イコールワン福岡、昇格確定 アメフト最高峰リーグへ 創部5年目、最終戦圧勝

 アメリカンフットボール社会人Xリーグ1部(X1)エリアのイコールワン福岡SUNS(サンズ)は21日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われた今季最終戦で電通キャタピラーズを55-7で破り、来季のX1スーパー昇格圏内の4位以内を確定させた。

 創部5年目での国内最高峰リーグへの昇格に吉野至代表は「今日は盛大に仲間たちと喜びを分かち合いたい」と歓喜に浸った。上位4チームが入れ替え戦なしで昇格できる今季は、開幕戦でアサヒ飲料に逆転負けしてのスタート。チームを立て直して4連勝し、最終戦も圧勝だった。

 2017年のチーム創設時、なかなか認知されなかったが、ビラ配りなど地道な活動でファンを増やしている。この日は会場に3262人が集まり、メインスタンドはサンズのシャツを着たファンで真っ赤に染まった。「こんなに応援されているんだと涙が出てしまうぐらいうれしかった」と吉野代表はファンの広がりを実感していた。

 タレントと選手を両立させる元お笑いコンビ「ブリリアン」のコージ・トクダは「来年1年間も頑張りたい」と現役続行を宣言。九州唯一のXリーグのチームとして新しい道を開いていく。

 (前田泰子)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR