ホークス2位指名の慶大・正木が豪快弾 「感触は完璧」

 明治神宮野球大会第2日は21日、神宮球場で行われ、大学の部は慶大(東京六大学)がベスト4入りし、国学院大(東都)は準々決勝に勝ち上がった。

 ソフトバンクからドラフト2位指名を受けた慶大の正木が豪快な一打を放った。4番で先発出場し、二回の先頭で右翼席に先制ソロ。チームのコールド勝ちにつながる決勝打となった。「感触は完璧だった。こういう場面で打ててうれしい」。右打ちの外野手の台頭が急務のソフトバンクにとって、来季への期待を抱かせる一振りだった。

関連記事

PR

PR