【眠り方改革のススメ 内村直尚】4 昼寝はサボりではない

 昼寝というと、日本人は生来の勤勉さからか、まだまだサボる、怠ける…と負のイメージで捉えがちだ。

 しかし、人の体内時計は午前2~4時の間、そして午後2~4時の間に覚醒レベルが下がり、眠気がやってくるようになっている。だから、午後2~4時の眠気を上手にかわすため、短時間の昼寝は大いに推奨されるべきも...

残り 822文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR