国家と宗教 権力の正当性を保証 政治的競争で利用も

【人類学者のレンズ・松村圭一郎 】

 衆議院選挙が終わった。投票率は、戦後3番目に低い55・93%。有権者の4割以上が棄権した。そんな状況で国会議員を民主的に選んだことになるのか。そもそも民主的とはどういうことなのか。政治とはなにか。国家とはなにか。疑問や違和感は深まるばかりだ。

 人類学は、こうした根源的な問いを考えるために、人間社...

残り 1572文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR