【独自】佐賀空港経由は1.1兆円 新幹線長崎ルート建設費、佐賀駅案の2倍

 九州新幹線西九州(長崎)ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、国土交通省がフル規格を前提とした三つのルートを検証した結果、佐賀空港経由の建設費が現在想定しているJR佐賀駅経由の約2倍に上ることが22日、関係者への取材で分かった。もう一つの佐賀市北部経由は佐賀駅経由とほぼ同じだが、収益性で劣るという。

 関係者によると、佐賀駅経由の建設費が約6200億円に対して、佐賀空港経由は約1兆1300億円、佐賀市北部経由は約5700億~6200億円に上る。国交省は同日午後2時から、佐賀県内で開催する県との5回目の協議で検証結果を示す。

 フル規格での整備方針に反発している県は今年5月の協議で、三つのルートの比較検証を国交省に提案していた。(御厨尚陽)

福岡県の天気予報

PR

PR