一面黄色…ギンナン山は収穫の季節 北九州市八幡東区

 秋も深まる中、北九州市八幡東区河内にある通称「ギンナン山」では、辺り一面を黄色に染めながら収穫の季節を迎えている。

 山は近くに実家がある会社員の中村孝志さん(55)が所有し、約2ヘクタールに広がる約500本を家族らと手入れしている。ギンナンは「北九州河内の銀杏(ぎんなん)」の名前で卸し、地元のみならず関東の飲食店にも出回っているという。...

残り 228文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR