地図調査、ほんとに歩いてるの?記者が同行してみると…

「地図こそ命 ゼンリン物語」❷ 地図の作り方編

 ビルも民家も一つ一つ確かめた上で地図を作っているという北九州市の「ゼンリン」。そんなに手間がかかる調査をしているとは、にわかに信じがたい。取材に協力していただいておいて大変失礼だが、うそではないにしても、効率の良い秘密の手法でもあるのか。調査に同行させてもらった。

 この日の現場は、福岡市早良区の干隈という地区の一角。民家が立ち並ぶ、ごく一般的な住宅街だ。

 調査を担当するのは、福岡営業所の山内剛さん(52)。社歴16年のベテランという。社名が入ったジャンパーに...

残り 1973文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR