森友文書改ざん、解明訴え全国行脚 赤木さん妻「自分ごとと考えて」

 「森友問題」の渦中で決裁文書改ざんを強制されたとして自殺した財務省近畿財務局元職員、赤木俊夫さん=当時(54)=の妻、雅子さん(50)が全国行脚を続けている。雅子さんは、改ざんの詳しい経緯を明らかにするよう国に強く求めている。22日には福岡市の西日本新聞社を訪問し、夫との思い出や国家権力と1人で対峙(たいじ)する決意を語り、「夫は上司に改ざんは間違いだと伝えていた。こんな目に遭うのはおかしいということを、多くの人に考えてほしい」と訴えた。

 雅子さんは、これまでに10都道県のマスコミを訪ね、これから1週間かけて九州を巡る。...

残り 913文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR