「チャレンジして」 車いすバスケ銀 秋田選手講演 佐賀市の小学校

 東京パラリンピックの車いすバスケットボール男子で日本初の銀メダルを獲得した秋田啓選手(あいおいニッセイ同和損保)が佐賀市の高木瀬小を訪れ、パラリンピックの思い出や挑戦することの大切さなどを伝えた。

 今回の訪問は、佐賀県と同社の地方創生に向けた包括連携協定活動の一環。秋田選手は岐阜県出身で、18歳の時...

残り 202文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR