鷹ドラ1風間「一番の目標は沢村賞」 入団合意

 ソフトバンクからドラフト1位指名された風間球打投手(18)=秋田・ノースアジア大明桜高=が、22日に東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1100万円(金額はいずれも推定)で合意した。

 最速157キロ右腕は「沢村賞は一番目標とするタイトル。何度でも取りたい」と夢を語った。球団で沢村賞を獲得したのは過去4人(延べ5度)。2012年に風間の高校の先輩でもある摂津正氏が獲得したのが最後で、複数回は03、06年の斉藤和巳氏しかいない。

 記者会見で風間は自ら背番号1を付けることも明かした。球団の投手では62年ぶり。「自分でいいのかと思ったが『1』という番号をしっかり自覚したい。チームで一番活躍できるようにやっていきたい」と誓った。 (長浜幸治)

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR