タイ総領事「九州との連携強化を」 本社に着任あいさつ

 在福岡タイ総領事館(福岡市)のソールット・スックターウォン総領事(57)が22日、着任あいさつのため西日本新聞社を訪れた。ソールット氏は新型コロナウイルスの影響で交流が減少している現状を踏まえ「ビジネスや貿易、学術面でタイと九州の連携強化を図りたい」と抱負を語った。...

残り 285文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR