ICTが高齢者支える ビデオ通話、不明者捜索も 福岡市で福祉アプリ

 お年寄りの見守りや交流、安全確保に情報通信技術(ICT)を活用する試みが福岡市で広がっている。市社会福祉協議会は、高齢者がタブレット端末で簡単にビデオ通話を楽しめるアプリを開発し、普及に向けて実験を開始。市は認知症の人が行方不明になった際、市民に捜索への協力を呼び掛けるスマホ用アプリを導入している...

残り 1510文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR