東アジア圏のピーク 93年前後の記念碑的作品群 動いていた台風の目

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想20】

 1990年代にがぜん注目を浴びはじめたアジア映画だが、いまふり返ってみると、東アジア圏では93年前後がピークだったのではないかと思う。記念碑的作品がここに集中している。中国映画では、チェン・カイコー(陳凱歌)『さらば、わが愛/覇王別姫』(93年)、ティエン・チュアンチュアン(田壯壯)『青い凧』(同...

残り 1224文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR